糸を体内に残さない避妊・去勢手術

多くの動物病院でもっとも多く行われている手術といえば避妊・去勢手術だと思います。
一般的には精巣や卵巣・子宮などの血管を外科用の縫合糸で縛り、その糸を体内に残す方法がとられています。
しかし、この体内に残した縫合糸が引き起こしてしまう「縫合糸反応性肉芽腫」という病気が数多く報告されています。

~縫合糸反応性肉芽腫~

みなさんはこの「縫合糸反応性肉芽腫」という言葉を耳にされたことがあるでしょうか?
これは、手術の際に使用された縫合糸に対して、数ヶ月〜数年後に体が反応して、手術した部位が腫れたり、肉芽腫というしこりをお腹の中に作ったりする病気です。
また、これに関連して皮膚にも”しこり”ができ、そこから膿が出たりするような病気になってしまうことがあります。

もし、このような症状が出た場合は、手術でその糸を取り除かなければなりません。摘出が不可能なほど癒着や周囲の組織をまき込んでしまっていたりしている場合には、ステロイドや免疫抑制剤などを飲ませて症状をコントロールしてあげることになり、この投薬はほとんどの場合一生続けなければいけません。

この「縫合糸反応性肉芽腫」はどのような犬種でも起こりえる病気です。
特にミニチュアダックスフントでの報告は多く、最近ではチワワ、シェルテー、トイプードル、マルチーズなどでも報告が増えています。

また、Mixの子での報告もありますので、純血種の子にだけ起こるわけでもありません。
どの子に起こってしまうかわからないため、予防方法としては縫合糸を体に残さないことになります。

~糸を体内に残さない避妊・去勢手術~

「縫合糸反応性肉芽腫」を少しでも起こさないように体内に糸を残さない避妊・去勢手術をすべてのご家族におすすめしています。
当院では、人間の手術でも使用されている『LigaSureSystem(リガシュア)」を使用して、安全かつ確実に血管をシーリング(熱による組織融合)し、体内に糸を残さない避妊・去勢手術を行なっております。
他にも利点としては結紮する時間の短縮にもつながるので、そのぶん麻酔時間も短くできるということがあります。

この「LigaSureSystem」では径7mmまでの血管を確実に閉鎖可能で、通常の動脈血の3倍以上である糸による結紮と変わらない程度の血圧まで耐えることができます。
現在、全国の動物病院で導入されている機械で、これからさらに増えてくることと思います。
これから避妊・去勢手術をお考えのご家族は、ぜひご相談ください。