皮膚ってじつは複雑なのです

皮膚に関する問題は、一度は経験するものだと思います。
実際に、皮膚の問題で動物病院に来院される動物たちは多いです。
ただ、この皮膚に関する治療は実は複雑なのです。

みなさんがお気づきになる症状としては「痒み」や「赤み」、「脱毛」などが多いかと思います。
これらの症状を起こしてくる原因は、細菌・真菌(カビ)など感染、アレルギー、免疫疾患、内臓系など様々です。しかも、これらが複合して起こっていることが多いのです。

~検査・診断から治療へ~

これらの様々な原因で起こる「皮膚病」を治療するためには、それらをひとつひとつ診断して、どういった治療が必要かを検討していかなければいけません。
そのために、症状や見た目などからどういった検査が必要かをお話しながら、治療をすすめていきます。

検査としては、皮膚スタンプ検査、抜毛検査、皮膚掻爬(ソウハ)検査、血液検査、ホルモン測定、皮膚病理検査、血液IgE検査(アレルギー検査)など沢山あります。必ずしも全てが必要ではなく、これらの中から何が必要かを検討・説明いたします。

~ご家族の協力が必要です~

どの病気でも言えることなのですが、特に皮膚の診断・治療ではご家族であるみなさんにもご協力いただき治療していくことが重要になります。
よくどこを掻いている・いつぐらいから症状があるかなど普段の様子。
食事管理やシャンプー、塗り薬、投薬など、治療でもご自宅で行っていただくことが多いのも皮膚疾患の特徴かもしれません。

~だからこそできるだけ負担は少なく~

家族である動物への負担などもあり、必要な時以外は極力負担の少ない治療を行なってあげたいと私たちは考えています。
痒みを抑えるために必要な場合にステロイドを使用することはあります。ただ、それ自体は治療ではなく緩和であることが多いです。原因となるものを特定し、それにあった治療を探していき少しでも体への負担が少なくできることを目指します。
治療内容によってはご家族の負担になることもあるかと思いますので、しっかりと相談しながら治療計画を立てていくように私たちは心がけています。何か思うことがあればみなさんからも相談していただけると助かります。

皮膚の病気には、すぐに良くなってくれるものもあれば、治療に時間がかかるものもあります。
だからこそ、情報の共有をしながらできるだけ無理のない治療を提案していければと思います。